ラオス人とのパーティin神戸

スポンサーリンク

こんにちは、山海安吾です。

今日は、神戸に住んでいるラオス人とパーティーをしました。10人ほど集まって、私以外ラオス人でした。(いつもそんな感じ)

ラオスの方々は学生さんがほとんどですが、日本で働いている人もいます。学生さんの多くは、ラオス役所で働いている人がほとんどです。自分のキャリアアップの一つとして、日本に留学しています。

このパーティーは。2ヶ月に一度のペースで開催されてます。
まだ母音を学習してるレベルの私ですが、実践あるのみ!の精神で、会話に挑戦しました。

以下、聞き取れた言葉と自分から発した言葉です。

聞き取れた言葉(抜粋)

「セープ(おいしい)」

「ペット ノイヌン(少し辛い)」

「ムアン ラーイ(とても楽しい)」

「ジャオ スー ニャン(あなたの名前は何ですか)」

自分から発した言葉(抜粋)

「パーサー ラーオ ウー ワン ニャン(ラオス語でなんと言いますか)」

「ワオ イーク トゥワンヌン デー ダイ ボー(もう一度言ってくれますか)」

「ホン ナム ユーサイ(トイレはどこですか)」

「コープ チャイ デゥー(どうもありがとう)」

「コイ スー 山海安吾(私の名前は山海安吾です)」


まぁ、何とも基本的な言葉ばかりでした、、、泣

今日感じたのは、お互い同じ言語を話せる上での「沈黙」と、言葉が理解できないことにより発生する「沈黙」は、状態が全く異なるということです。

後者は沈黙というより、意思疎通が出来ない状態に近いです。今日はその「沈黙」を何度も経験しました。その都度、英語や日本語で言いたい事を伝えるのですが、ギブアップ感といいますか、悔しい感覚になります。

今日参加した目的は、その悔しさを感じる為でもありました。パーティーに参加したことで、ラオス、ラオス語について学びたい、マスターしたいという気持ちがもっと強くなりました。

ラオス料理

ラオス料理も一品紹介します。
【ラープ】

日本向けの味にしてくれてました。通常の味でも食べましたが、とても辛いです。

パクチーも食べましたが、相当手強かったです。挑戦できた自分を褒めつつ、少しずつ慣れていこうと思います。

言葉、料理を含め、今日のような機会はあまりないため、とても有意義でした。

ラオス語頑張らないと!
ではまた。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする