【ラオス】ビエンチャンでの前撮り風景と、その流れ!

こんにちは、山海安吾です。

今回は、ラオスで結婚式の前撮り考えている人に、体験にもとづき前撮りの流れを紹介します。

①衣装選び

衣装はラオスの民族衣装とドレスの2パターンがあります。両方も可能です。

わたしたちは日本でドレスで撮るので、民族衣装を選びました。

②メイクアップ

彼女のメイクアップをします。
男は待機です。
1時間ほどで完成です。

③ヘアメイク(女性)

ラオスの定番の髪型にセットします。
男は引き続き待機です。
30分ほどで完成です。

④ヘアメイク(男性)
ワックスをぺぺっと付けて10分かからず終了。

⑤着替え

選んだ衣装に着替えます。

その際に身につけるアクセサリーをいくつか紹介します。

〈ジャラジャラしたやつ(名前は忘れました)〉

〈マック・ベン(お花)〉

などなど、色々なアクセサリーを身につけ、いざ前撮り場所へ!

場所は、ワット・シッサッケートというお寺です。

こんな感じで撮影しました。

観光客も普通にいたので、途中からコスプレ撮影会みたいになってましたw

合計で80カットぐらい撮りました。

気になる価格ですが、衣装、メイク、ヘアメイク、全データ提供、プリント1枚(A2サイズで額縁付←豪華過ぎw)込み込みで、1万2000円!!!

現時点で、日本との物価の違いを一番感じました。

※この店は開店して間もないため、プロモーション価格ではあるとのことです。普通は倍ぐらいの価格だそうです。でも安いですよね

日本で前撮りの見積りをとったことがあるんですが、ここまですると下手したら20万円いっちゃいますよ。

ラオスでの前撮りは大満足でした。

ラオスで前撮りをされる際は経験者として相談にのりますので、お気軽に連絡くださいね。どんなことでも聞いてください。

ではまた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする