【ラオス グルメ】ビエンチャンに来たらぜひ行ってほしい、現地民オススメの焼鳥屋!

スポンサーリンク






こんにちは、山海安吾です。

今回は、ラオスの首都であるビエンチャンへ行った人に、現地民もオススメする焼鳥屋を紹介します。

概要

オススメの焼鳥屋はズバリここです。

そう、屋台です。

場所はここです。

ナイトマーケットがすぐ近くにあります。下に少し写っているのがメコン川です。

詳細

今回のラオス旅行(2018.12.30〜2019.01.12)では、3日に1回はピンガイ(ラオス語で焼鳥のこと)を買って食べてました。ラオス人である彼女の家族もイチオシの店(屋台)です。
必ずこの屋台で買ってるそうです。彼女もラオスにいたときは、友達とよく食べてたそうです。

システムってほどではないですが、注文の仕方を写真付きで紹介します。

1.好きな部位を選ぶ

色々な部位があります。お好みの部位を選びましょう。特にオススメな部位はモモ肉です。
これらはすべて、一度火が通されたうえで、並べられてます。

2.温めてもらう

ラオスは炭火焼きがポピュラーです。
炭の香りの効果でしょうか、ホントに美味しいです。

3.包んでもらう

バナナの葉っぱに包んで、袋に入れます。

4.お金を払う

このモモ肉で20000キープ(当時で260円ぐらい)です。
モモ肉が1番値段が高かったと思います。

注文の流れは以上です。

焼鳥を買ったら後は、目の前にあるナイトマーケットをブラブラしつつ、メコン川沿いでのんびり食べるのが最高です。

ではまた。

鬼の継続記録

今日も継続しましたか?

View Results

Loading ... Loading ...
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする