【ラオス】家を建てるなら、日本ではなくラオス一択という話

スポンサーリンク






こんにちは、山海安吾です。

今回は、ラオスで家を建てようと考えている人に、そのコスト感を、妻の姉さんの事例をもとに紹介します。

概要

・ラオスだと、プール付きの一軒家が土地代込で、1000万円あれば建てれます。
・ただし場所は、ヴィエンチャン中心部から車で30分ぐらいのところ

詳細

わたしには、ラオスで家を建てるという目標があります。

どれぐらいで建てれるのか気になったので、妻の姉さんに聞いてみました。

妻の姉さんは最近(2018年12月)家を建てて、建物・土地・家具合わせて、600百万円くらいだったそうです。

土地の大きさは、30m✕25mです。

プールも作ってました。

場所は、ヴィエンチャン中心部から車で30分ぐらいのところです。

敷地が広いと、最高にのんびりできますね。

軽くサッカーもできるレベルです。

土地の値段は、これからも上がると思いますが、1,000〜1,500万円あれば中々良い家が建てれます。

日本で、家を建てる場合やマンションを買う場合、たいていローンになるでしょう。

家のローンのために働き続けるのは、わたしにはできません。

日本で35年間、ローンを払うために働き続けるとか、払い終わる前に死んでしまうと本気で思ってます。

家は日本だと人生を左右する買い物になりますが、ラオスだと私のような20代後半でも、そこまで左右されずに買える可能性があります。

どこらへんに建てようか、妻と相談中です。

ではまた。

鬼の継続記録

今日も継続しましたか?

View Results

Loading ... Loading ...
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする