【クラシックコンサート】初めて行く人への、3つのアドバイス【服装、食事、マナー】

スポンサーリンク






こんにちは、山海安吾です。

今回は、クラシックコンサートに初めて行くことになった人に、この前初めて行った私の視点で、3点アドバイスします。

概要

・服装はカジュアルでもオッケー、ただしジーパンの人は皆無

・コンサート前には軽く食事を取っておきましょう

・バッドマナーは、「音を立てること」

詳細

知人からクラシックコンサートのチケットをもらい、初めて行きました。

初心者視点から、最低限押さえておくべき、ポイントについて深堀します。

服装

一番悩むところだと思います。

結論としては、カジュアルでもオッケーです。

とりあえずジャケットさえ羽織っとけばなんとかなります。

わたしはジャケットを持ってなかったので、スーツの上着を着ました。ネクタイは無しです。

わたしが見る限り、上下スーツの人、ネクタイをつけた人はいませんでした。

ゆったりと聴くのが醍醐味の1つと考えているので、ガチガチな服装はしんどくなるだけです。

ですがさすがに、パーカーやジーパン、ブルゾンの人はいませんでした。

食事

コンサート前には、できる限り食事は済ましておきましょう。

その理由は、3つ目のアドバイスにもつながるのですが、コンサート中に音を出すのはNGだからです。

そのため、食べ物を食べるときに発生する袋を開ける音や、空腹ゆえにお腹が鳴るといったことを避けるよう、最低限軽食ぐらいは取っておきましょう。

マナー

コンサートを鑑賞して確信しましたが、鑑賞中にやってはいけないことは、「音を立てること」です。

演奏会場は静寂に包まれ、客は拍手するときはする、それ以外は沈黙を保つといった雰囲気でした。

この雰囲気からわたしは、客もコンサートという1つの作品の一部を担っているのように感じました。

不思議な感じでした。

そのため、小さな音でもよく聞こえるんです。

慣れないと寝てしまうかもしれませんが、普段イビキをかく方は、寝ないように注意した方がいいです。

といったように、クラシックコンサート独自の雰囲気を、体験しました。

初めてで、色々な事を感じ学べたことは有意義でしたが、正直結構疲れました。

唯一の後悔は、演奏曲の予習をすべきだったという点です。

次行く機会があれば、予習をしてもっと楽しみます。

ではまた。

鬼の継続記録

今日も継続しましたか?

View Results

Loading ... Loading ...
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする