【書籍メモ】日本人の9割が知らない遺伝の真実

スポンサーリンク

こんにちは、山海安吾です。

今回は、安藤寿康さんの「日本人の9割が知らない遺伝の真実」の感想です。

この本は、人間の能力と遺伝について書かれています。その中でも印象に残った言葉は、

結果が出ないところで、嫌々努力するよりも、気持ちのいいと感じることをやった方がよほど能力が発現する可能性は高いはずです。 

この言葉をわたしは、とにかく行動することが自分の人生をより良くする、と、とらえました。

ただただ行動ですね。

ではまた。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする