【寝るとき エアコン 朝だるい】原因と対処法について

スポンサーリンク

こんにちは、山海安吾です。

今回は、エアコンをつけて寝たら朝だるくなったので、原因とその対処法です。

概要

  • だるい原因は起きる前に冷えすぎていること
  • 起床前は温度を上げる
  • 就寝時は温度を下げる

詳細

本日体がだるいです。

原因はエアコンにあります。

昨日はジメジメしてたのでエアコンをつけて寝ました。

何も考えずにつけっぱなしで寝たので、だるいです。

このだるさの原因を調べてみると、起床前に体が冷えすぎていることが関係しているそうです。

そのため、対処法として以下を試してみます。

・タイマーを使い、起床の1、2時間前にエアコンをOFFにする

・就寝から3時間ほどはエアコンをつけて、その後タイマーで消す

・機能におやすみモードなどがあるので、それを使う

朝がだるいとはいえ、エアコンをつけないとねれないので、つけないという選択肢はありません。

実際に、就寝時の室温は寝付きに影響し、涼しく感じる方が寝付きが良いらしいです。

エアコンひとつにしても自分にとって快適な環境をつくるために、調べる&試すを繰り返します。

朝の目覚めが良いと、その日は良いコンディションで行動を始めることができます。

今日も少しずつ成長です。

ではまた。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする