【書籍メモ】国家破産はこわくない【個人的感想】

スポンサーリンク

こんにちは、山海安吾です。

今回は、橘玲さんの「国家破産はこわくない」の感想です。

印象的な文章を抜粋します。

最大の「国家破産」対策とは、どのような環境になっても仕事をしてお金を稼ぐことのできる人的資本をつくっていくことなのです。


本書では様々な金融商品を駆使することで、リスク(日本の破産)をヘッジする方法について書かれています。

その中でもこの文章の内容は、基本的かつ最終的に問われていることと感じました。

本書を読んで私は、すぐに金融商品を買おう!までは至りませんでした。
人的資本を先に積み上げたいからです。

わたしが考える人的資本とは、プログラミング能力、ネット販売力(マーケティング、ライティング)、そして体力(健康であること)です。

ただ、本書は金融リテラシーを高めてくれることは間違いないです。

経済ニュースの見方が変わりました。

人的資本を蓄えつつ、今度また読みます。

今日もコツコツ行動です。

ではまた。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする